カタオカ

『ホイカン』にお越しいただきありがとうございます♪

僕はこのブログを書いている「カタオカ」と言います。

僕は、もともと看護師をしていて今は保育士として働いています。

ブログのコンセプトは、

ブラックなあなたを応援します!

ということでブログを書いています。新人看護師さんや、悩んでる保育士さんに刺さるようなブログを目指しています。

看護師さん

いや、ブログ書いてるあなた誰?

と、お思いのことと思います!

今からこのブログを書いている元看護師の僕のプロフィールをご紹介したいと思います。

え?興味ないって?

まぁ、とりあえず書いておくので時間があったら読んでください♪

そもそもなぜ「元看護師」なの?看護師やめちゃったの?

僕の1年目の配属先はめっちゃ急性期病棟。

仕事は1年目の同期の中でも全くできなく、最初から同期と比べられる毎日。先輩に怒られる日々でした。しかもなぜ怒られているのかもわからないくらい出来の悪い看護師でした。

とりあえず毎日激務をこなし、出来ないなりに頑張り、夜勤をこなし、人の生き死にをみたり、霊安室に見回りいったり、できもしない注射やら処置やら、まあスゴイ仕事でしたね~。

看護師を現役でやってらっしゃるみなさんもそんな感じでお仕事されてますよね~。

で、やっぱり出来の悪い看護師だったので毎日怒られるし、

プリセプター

あんた仕事全然できてないから!!

という理由でサービス残業で仕事と全く関係ないレポート書かさせたり…。

そして看護師の仕事が理不尽&しんどすぎて1年目に早くも『うつ病』を発症!

心と身体が、

カタオカ

パワハラとかサービス残業とか辛すぎて病棟で看護師するのもうムリ〜!!

ってなったんですね。

まあうつ病になった時もひどくて、師長に、

師長

うつ病になった理由を説明して!

と言われる筋合い。

あなたたちのせいです…。

逃げるように病院を退職しました。

そう、退職代行もない時代、辞めるのも色々理由を求められましたが今の時代なら間違いなく退職代行を使っていると思います。

急性期病棟はもうイヤだ!もっと自分らしく看護師をしたい!

と、看護師転職サイトにいっぱい登録して、

お、これは!と思う就職先を見つけました!

保育園看護師です。

僕は、看護大学に入る前に、

カタオカ

保育士になろうかな?看護師になろうかな?

と悩んだ時期もありました。

結局、

カタオカ

給料もいいし、安定してるんは看護師やろな~!

という理由で看護師を選びました。

まあ、子どもにかかわる仕事もしてみたかったので、とりあえず保育園ってどんなとこかなぐらいで、本当にボランティアのつもりで園長先生の話を聞きにいきました。

園長先生

え?子どもが好き?

え?あなた看護師のほかに保健師免許も持ってるの?

保育園の保健の仕事も任せていい??
ん?給料?


ああ、いいのいいのそういう細かいことは〜♪

いや、いいことないんです園長先生。

でもお給料は前の職場と同水準でもらえるとのこと。

カタオカ

日勤だけでコレぐらいもらえんねんやったら、結構ステキな職場かも~♪

そして保育園看護師に転職することを決めた僕。

保育園看護師として保育園で働いて思ったこと

保育園で働き始めると、今の経営母体の方針で、看護師は赤ちゃんクラス(0歳児クラス)と兼任でがんばってくださいと言われました。

子どもは昔から好きだったのですが、赤ちゃんは触ったこともないし「どうしたらいいんやろ?」と思っていたら、ベテラン保育士が「とりあえず添い寝して」とムチャぶりな仕事を言ってきました。

カタオカ

添い寝?ん?添い寝?横で寝たらよいのか?
赤ちゃん泣いとるけど、どないしたら泣きやむんや?

とか思いながら、横で寝てトントンしてみました。

赤ちゃんはだいたい5ヶ月ぐらいの赤ちゃんだったのですが、僕の顔を不思議そうに見ながら、半目になってきたので

カタオカ

お、この子寝るぞ!

みたいな感じで、トントンし続けました。

今となっては笑い話なんですが、その日初日で緊張していたのか、疲れていたのか

僕も赤ちゃんと一緒に僕も寝てしまったんですね~!

幸い、ベテランの先生が器の大きい先生だった?ので、僕にも赤ちゃんにも布団をかけて、1時間ぐらい寝てたようです。

本当に今では考えられませんが、仕事中に寝るって…。

それが保育園での僕の初日の仕事ぶりでした。

そこから、色んな仕事を覚えていきました。

まず、離乳食を作りました。
幸い料理は一人暮らしが長かったので料理自体はできたのですが、リンゴをむいたことなくて、当時は毎日離乳食にリンゴを使ったので、毎日スーパーでリンゴ買って、自宅でむく練習をしていました。

赤ちゃんに食べさせて、寝かせて、遊んで、オムツ替えて、みたいなこと3ヶ月ぐらいしました。

保育士っぽい仕事をしながら、熱とか病気した子どもの看病をしたり、保護者に連絡したり、保健のデータを作成したり、色んな仕事をしました。

急性期病棟と全然違う看護師職場ですが、普通に気楽で、普通に楽しい職場です。

保育園で働いて、看護師するのがアホらしくなった

保育園で保育園看護師として働いていて、特にコレといって不満はありませんでした。

ただ、保育園では看護師が一人だけという病院とは一味違う特殊な職場です。

そんな環境下の中、保育士さんからも当然「あの看護師何の仕事してんの?」みたいな陰口を言われるようになりました。

確かに保育士さんから見れば保育園看護師なんて何をしてるかわからない仕事だと思います。

で、気にせず(めっちゃ気にしてますが)働いていて、保育に対して、

カタオカ

ん?この子どもとの接し方なんか違うぞ??

という場面があり、保育士さんに「この子にはこうした方がいいんじゃないですか?」と問いかけると、

あんた、保育士ちゃうのに口出さんといて!!!

と、言われ、僕の心の中で何かの火が付きました!

その日から保育士試験の勉強を始め、2年かかって保育士免許を取りました♪

看護師として自分にとって本当に大切なこと

いろんな経験を通してわかったのですが、

本当に大切なことは、男性であろうと女性であろうと、病棟であろうと保育園であろうと、看護師であろうと保育士であろうと、自分に何ができるかを考えて働いていくかだと僕は思いました。

例えば、僕は配属先がたまたま保育園で、たまたま0歳児クラスの担任だったので、

泣き叫ぶ赤ちゃんをいかにして泣き止ませるか

いかにご飯を食べてもらうか


などを考えながら仕事をしていましたが、やはり勤めた当初は赤ちゃんの泣き声が耳から離れませんでした。

でも、何か自分にできることはないかな?とか考えているうちに、

カタオカ

この子は抱っこしながらなら寝てくれるんや!
この子はトントンを割と強めでいくと寝てくれるんや!

など、その子の特色が見えてきました!

そこからは、子どもを寝かせる技術を磨き、その時はクラス担任が僕を含め3人、子どもが9人だったのですが、他の先生が、いないときでも、9人同時に寝かせる技術なんかがついていきました。

そのうち、

園長先生

カタオカ先生は「マジシャン」みたいやな〜!

と言われるようになりました。

せっかく保育園に勤めたのだから、保育園の職員として、保育園で自分のやり方で、自分には何ができるのかを考えながら仕事をすればいいと考え方を改めました。

看護師として、保育士として、一社会人として働いた僕の出した答え

病院や病棟では使い物にならなかった僕ですが、いろんな職場で「新たな一歩」を踏み出すことができました。

なので病棟勤務がしんどければ、別にがんばらなくてもいいと思います。

しんどければ、仕事辞めればいいんです。

僕みたいに違う免許を取って、全然違う仕事してもいいんです。

逃げたって、道なんか何本でもあります!

で、新しい職場で働いてみて、自分なりに何ができるか考えてみる。
もう、考えるのめんどくさかったら考える前にやってみる。

あと、怒られるにしても、怒る人は起こる人なりの意見があるので、もし、いい意見なら取り入れる、役に立たないものは捨ててしまうか、忘れてしまうのがいいですね。

答えにはなってないかも知れないですが、これが僕なりの今思ってることです。

なので、迷って、悩んで、苦しんでいてもいいんです。
その中できっと自分の心の中で「何か」見えてくると思います。

どちらにしても人生なんて『なるようになる』です!

困った時は相談してください。
転職や再就職、看護師さん保育士さんのお悩み相談乗ります!