男性主任保育士が改めて『男性保育士』という職業について考えてみる

保育士さん

今日は保育士って一体何?ってお話をしていきたいと思います。
男性主任保育士が『男性保育士』という職業について考えてみたいと思います。

目次

男性主任保育士が改めて『男性保育士』という職業について考えてみる

『保育士』とは、乳児(0歳)から小学校就学(6歳)の幼児を保育する為に必要な保育士資格を持った方を指します。

保育士資格は一度取得すれば、更新などの必要がなく、生涯『保育士』として資格を持つことができます。

通常、子どもは学齢期になるまで自分の家で育て、家庭で面倒をみるということが当たり前でした。しかし、時代の変化とともに女性の社会進出や共働きとなる家庭が増えてきたこと、経済的な事情が様変わりし、幼い子どもたちを保育するような状況が整えられてきました。

保母さん

もしかすると、「保母さん」という名前にはなじみがある方も多いかもしれません。

以前は、「保母さん」として知られていた仕事ですが、男女の分け隔てなく仕事を行うようになり、それまで女性ばかりだった職場に男性が携わるようになり男性に「保母さん」と呼ぶのはおかしいということで、「保父さん」と呼ぶようになっていました。

男性が保母資格を受験を認められたのは昭和52年以降で、それ以前は男性が資格を取得することはできませんでした

それらも変更がなされ、1999年に「保育士」という名称に変更になっています。

保育士とは「保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者」と児童福祉法に定められています。

男性保育士が増えてきたよ!

保育士は平成11年(1999年)の児童福祉法の改正によって(平成15年に施工)、従来まで保母と呼ばれていたものが、男女とも「保育士」という名称に統一されることとなりました。

それまで男性保育者は特に、「保父」と呼ばれていましたが、この名称は正式名称ではなく俗称で、男性保育者の増加に伴い、男女関係なく「保育士」と名称が変更されたのです。

男性保育士は近年、確かに増加していますが、それでも全体的に見ればまだまだ少ないのが現状で、2018年現在、保育士全体の「約4~5%」が男性保育士となっています。

ちなみに男性幼稚園教諭の割合は、「約7~8%」となっていますが、男性幼稚園教諭の場合、「園長・教頭」などが多いので、それを考えれば男性保育士と男性幼稚園教諭の割合は同じくらいかも知れません。

男性保育士が増えた理由

男性保育士が増加しているもっとも大きな理由が、保母から保育士に名称が変更されたことだと思います。子どもが好きで、保育所で働きたい男性でも、保母(保父)さんと呼ばれることに抵抗があったのではないでしょうか。

また男性保育士をテーマにしたテレビドラマなどが放送されたことから、男性保育士がさまざまなメディアで取り上げられ、注目を集めたことも男性保育士増加の理由の1つであると思います。

保育士といえば女性を連想される方が多いと思いますし、男性保育士はまだまだ珍しいのが現実です。

僕も職場で男性1人です。

男性保育士のニーズ

しかし男性保育士は近年、保育所だけでなく、その他の児童福祉施設などでも、とてもニーズが高まっていることも確かです。

男性保育士がいると、何より子どもが喜ぶという声をよく聞きます。女性では遊ばせることのない遊びを、男性保育士ならできるからです。女性にはないおおらかさと温かさを持つ男性保育士に、子どもはよく慕ってくれます。

また、男性は体力があり、女性とは違って細かいことを気にしない方が多いです。また、子どもの成長をそのまま伸ばしてくれる良さを持っています。僕は同僚の保育士から、「男性がいると心強い」、「防犯になる」といった意見をもらったことがあります。

さらに、保育園などに男性保育士がいると、育児は女性がするのが当たり前ではなく、男性も育児をするのが普通に思われるようになり、家庭で父親が積極的に育児に参加することが期待できます。

以上のように、男性保育士は今後も確実に需要が高まり、保育士といえば女性というイメージも変わる時代が来るかも知れません。

男性保育士のデメリット

しかし、男性保育士は何かと不利だといわれます。まず、施設のトイレやロッカーが女性用しかないこと、就職の際には、男性保育士の求人数が少ないなど。

ですが、幼保一元化が進み、施設の状況にも変化が出ている今、「トイレやロッカーの数がないから男性保育士を雇えません」という施設は減っていると思います。

男性看護師と同じように、期待が大きい男性保育士ですが、圧倒的に女性が多く、男性保育士の数はまだまだ少ないのが現状です。女性ばかりの職場になりますから、仕事そのものよりも女性保育士や保護者との人間関係のほうが大変かもしれません。

体力があり、体調管理もしっかりできる、コミュニケーションを問題なく取れる、そんな男性保育士を目指しましょう!

保育士資格が活かせる場所

『保育士資格』は一般的に、幼児に関わる保育園の仕事だけに必要な資格と思われがちですが、保育園以外にも、乳児院、児童養護施設、各種障害児施設などでも保育士を一定人数以上配備することを義務付けられていることから、様々な職場で保育士の方が働いています。

他にも、児童館や学童クラブ、病院、ベビーシッターなどで勤務する場合も保育士資格を必要とする場合もあり、幅広い職業に対応できる国家資格と言えます。

平成15年度に法定化され国家資格になりました。

また、年齢に関係なく続けられ、女性としてはハンデとなりがちな結婚・出産の経験もプラス材料として扱われますので、女性にとっては魅力的な資格です。資格を取ることで就・転職、再就職には有利ですし、将来の子育てにも十分に生かすことができます。

保育の多様化

保育士業界としてみてみると、女性の社会進出が進み、保育園に子ども預ける家庭も増えてきたことで保育ニーズが多様化してます。保育時間も延長されるようになり、24時間保育や休日保育、病後児保育などに対応した保育施設も増加傾向にあります。

また多様化するニーズは保育時間だけに止まらず、「保育時間内に幼児教育を行って欲しい」などの保育内容にも求められているので、そういったニーズにも対応できる高いスキルを持った保育士が求められています。

基本的に保育園で働く保育士は、子どもを預かるということが仕事となりますが、もちろん、ただ預かれば良いわけではありません。

他の人の大事な子どもを預かって、保育するわけですからとても重要な仕事と言えます。ですから、児童福祉法にも定められているように、専門的な知識や技術を持って取り組んでいかなければなりません。

子どもが危ない行動を取らないように見守ったり、他の子どもと仲良く付き合っていくことをサポートしたり、子どもたちの健康に気を配ったり、不利な境遇に置かれた子どもたちの心のケアをしたり、保護者の方との日ごろのコミュニケーションやお子さんの情報交換などやることはたくさんあるのです。

保育士のお仕事

それだけにやりがいのある仕事と言えるでしょう。保護者の方が安心して笑顔で施設に連れてきたり、愛する子どもを迎えに来て抱きしめる光景などは、何度見ても心地よい瞬間です。

このように、保育士は社会的意義がかなり強く、充実感を感じられる仕事と言えます。0歳から18歳までの児童の面倒をみる活動的で若い力が多くの現場で必要とされています。

保育士さん

なりたい職業『保育士』

保育士は、小学校、中学校、高校生とどの年層の女子たちの将来なりたい職業ランキングでも、保育士は常に上位にランクインしています。

こうしたランキングを見ると、幼いころあこがれているだけでなく、就職を間近に控えた年層であっても保育士を目指していることが分かり、その人気の度合いを見ることができます。もしかすると、子どものころに保育園に通っていたことがあって、その時の先生の印象がよかったのかもしれません。

いずれにしろ、保育士が多くの若者に大変な人気があることは間違いありません。幼い子どもたちを世話する楽しさ、やさしい保育士の先生というイメージ、純粋な子どもたちと毎日過ごせる保育士の仕事は女性のみならず、男性にとっても身近な職業となってきました。

子どもたちに夢を与え、未来の日本を担う人材を、皆さんの手で育てることになります。社会貢献度の高い価値ある仕事と言えるでしょう。

保育所と幼稚園の違い

基本的に、幼稚園は学校教育法に基づいた学校であり、保育園は家庭の事情で乳幼児を保育を出来ない場合に保育を行う児童福祉施設です。つまり、幼稚園は教育を行う場であり、保育園は親の代わりに保育をする場、という違いがあります。

これらは制度上の違いで、幼稚園でも「保育」という概念を持っていたり、保育園でも「教育」に取り組んでいる場合があります。

少子化と働く女性の増加で、いろいろな面で幼稚園と保育所は徐々に近づいているようです。

ただ、まだまだ働く女性へのフォロー体制としては、長期休暇や突然の残業への対応などから、現在のところ保育園のほうが柔軟性があると僕は感じます!

保育士って1日遊んでるだけでお金もらえるんでしょ?

『保育士って、1日遊んでいるだけでお金もらえるんでしょ?楽な仕事ですね。』

いやいやいやいや、ちょっと待って!

基本的に保育士って、そんな楽な仕事ではありません。

登園してきた園児は、すぐに元気いっぱいで遊び始めます。

遊んでいる園児の様子を見つつ、登園してくる園児のお迎えと常に園児のことを気にかけているのが保育士の仕事です。

しかしながら、保育士は決して楽な仕事でもなく、きれいな仕事でもありません。

人それぞれに保育士という仕事に対してイメージを持っていると思いますが、慣れないうちは特に体力的・精神的にも辛い仕事です。

園児と目線を合わせるために中腰になり、また園児を抱え上げることも多くあるため腰を痛める保育士がたくさんいます。

腰痛は保育士の職業病と言われております。

僕の場合はプランターを持ち上げた際、下に伸びていた根を無理矢理引き抜こうとした際、ぎっくり腰を起こしました。

ついこの間も、何気ない箱を持ち上げようとしたときに、腰がピキーンっとなり、動けなくなりました。
今も痛いです☆

保育士の日常

オムツの交換やトイレの世話、着替えた直後でも外で元気に遊べば泥だらけになります。

他に、今話題のモンスターペアレンツのような保護者からのクレームなどへの対応も求めらます。

しかし園児はみんなかわいく保育士を自分の母親のように思ってくれます。

園児と一緒に笑って、叱って、泣いて保育士も成長していくと思います。

年齢に応じた保育内容

0歳から6歳までの子どもが通う保育園においては、その年齢・それぞれの子どもに合わせた保育目標に沿って保育が行われます。

おやつや昼食(給食)の時間には、手を洗う、スプーンや箸の使い方、食べた後には歯を磨く、という基本的なことを習慣付けることができます。

お昼寝の時間では一人で着替えられるように、遊びの中でもおもちゃを片付けるといったことを学びます。

また、トイレトレーニングも保育園で行っています。

保育以外の大切な仕事

0歳から6歳までの子どもが通う保育園において子どもに関わる以外にも保育士には保育園でやらなければいけない仕事がもたくさんあります。

これも保育の一つや!と言われればそれまでなのですが、まあ、置いといて。

掃除・洗濯

多くの子供が過ごすのですから、毎日綺麗に掃除をしておかなければいけません。

乳児の場合はオムツを準備しなければいけませんし、保育園によっては着替えを園側で用意している所もあり、その場合は洗濯という仕事が増えることもあります。

保護者とのやりとり

また、保育園で過ごして気付いたことを保護者に伝えるためのものが連絡ノートです。

乳児の場合はミルクや離乳食、排泄の状態、睡眠の時間や回数など事細かに伝えることで保護者も安心することができます。

3歳からは保育士が面倒を見る園児の数が増えることから、毎日詳細を伝えることが難しくなりますが、一人で出来たこと、出来なかったこと、その日起こったことなどを伝えることで、保護者も安心することができます。

保育日誌を書く

保育園により書き方も内容も違いますが、園側で設けている保育目標に沿い、園児を見て感じたことを書く必要があります。

保育士として反省点などを書くことで同じ過ちを繰り返さず、他の保育士に連携するという役割もあります。

保育園の行事

保育園では多くの行事を行い、子どもたちに四季を感じてもらうことで、感性豊かな子どもに育つように務めています。

毎月ある誕生会の他、こいのぼり、プール開き、七夕の集い、デイキャンプ、運動会、遠足、クリスマス会、餅つき、節分の集い、ひな祭り会など、様々な行事の準備をしなければいけなく、保育時間内だけで終わらない場合は、自宅で準備に追われることもあります。

コメント

コメントする

目次
閉じる