本は永久に,とはゆかずとも,少なくとも著者よりは長生きするのかもしれない。
しかし,本にも死がある。それは絶版になることだ。

売れ行きがよくないと出版社はもう刷ってくれない。これを絶版という。

しかし最近はアマゾンやらパソコンのサイトで絶版本もよく売られているから,そう

一概に死んでしまったとはいえないようだ。ただ,それでも筆者には印税ははいってこない。

それでもなにがしかの働きはしているのだ,そう思って良しとしている。

下の本も最近みかけない。いつの間にか私の本棚からも姿を消した。どこかで見つけたら買おうとおもっているのだが,オビに自分の顔などがでていると本屋でも買いにくい。

見つけたら,うつむきかげんにして買うことにしよう。